カテゴリー別アーカイブ: 未分類

脂漏性皮膚炎という皮膚病

脂漏性皮膚炎という皮膚病は、皮脂腺が多く皮脂の分泌の多い頭皮や顔に出現する湿疹で、分泌がおかしくなる原因としては、アンドロゲンと女性ホルモンのバランスが崩れたりリボフラビンなどビタミンB複合体の枯渇などが挙げられます。

脳内にある5-HT神経は、自律神経のバランスの調整や痛みの防御、様々な分泌物質の覚醒等を調整していて、単極性気分障害(大うつ病)を発症している人は、この能力が鈍くなってることが科学的に証明されています。

耳の内部の構造は、総じて「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に区別されますが、中耳あたりに肺炎球菌やインフルエンザ菌などが付着し、炎症が発生したり、膿が滲出液となって残る病を中耳炎と言うのです。

虚血性心疾患のうちの一つの心筋梗塞というのは、冠動脈の動脈硬化が進み血液の通り道である血管の内腔が狭まって、血液の流れが途切れ、必要な酸素や栄養が心筋に与えられず、心内膜側の心筋が機能しなくなる危険な病気です。

真正細菌の感染によって炎症を起こす急性中耳炎とは、誠に患者数の多い中耳炎のことで、乳幼児によく発症します。耳痛、難聴、耳閉感や38度以上の熱、鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(耳だれ)等の多様な症状がみられます。

 

強い持続性の頭痛

めまいが確認できず、しつこい耳鳴りと低音域の難聴だけを、発症する症例のことを「蝸牛(カタツムリ)型メニエール病」と診断する場合が少なくないようです。

多汗症を伴う汗疱というのは掌や足の裏、または指の股の部分等にちっちゃな水疱が出来る疾患で、通常であれば汗疹(あせも)と思い込まれ、足裏に出ると足水虫と早とちりされることも多くあります。

強い持続性の頭痛が主たる症状のくも膜下出血(SAH)は、実に8割以上が脳動脈瘤と言われる脳内部の血管にできた瘤(コブ)が、裂けることで発症する、命に関わる病気だという知識を大勢の人が持っています。

まだメタボリックシンドロームであるとは診断されていなかったとしても、内臓脂肪が溜まりやすい類の肥満になる事によって、辛い生活習慣病を招く割合が高くなることが一般的なのです。

腰痛症状を引き起こす原因のヘルニアというものは、正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨の間で、緩衝材に近い作用をする椎間板という名称の脊椎の椎体と椎体の間をつなぐ繊維軟骨が、繊維輪を破って飛び出したことを意味します。

 

下が90以上の高血圧がある程度続くと

下が90以上の高血圧がある程度続くと、全身の血管に多大な負担がかかった結果、頭の先から足の先までいろんな血管に不調が生じて、合併症になってしまう蓋然性が上昇するのです。

UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという性質があるので、大気中に存在するオゾン層を通るときに少しはカットされるのですが、地上まで来たUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞のDNA(遺伝情報)を傷めたりして、肌にとって酷い結果を誘因することが明白になっているのです。

ハーバード医科大学の調べによれば、毎日欠かさずに2杯以上ノンカフェインコーヒーを飲めば、あの直腸がんの罹患率を半分も減らすことが出来たという。

話題のジェネリック医薬品は、新薬の特許が期限切れになった後に発売される、新薬と同一の成分で負担の少ない(クスリの金額が高価ではない)後発医薬品のことを指しています。

下腹部の痛みや違和感の要因となる特有の病には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、女性特有の病気などがまず存在します。

 

セロトニンの濃度が低く

クシャミ、鼻みず、目のかゆみ、喉がイガイガするような感じなどの花粉症の不快な症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛ぶ量に比例するかのように症状が重くなってしまう特徴があるということです。

うつ病は、脳の中にある精神をリラックスさせる神経伝達物質であるセロトニンの濃度が低くなり、憂うつ、入眠できずに不眠、極度な倦怠感、疲労感、食欲の低下や胃の痛み、集中力・意欲の低下、自殺を試みる自殺企図等の苦しい症状が現れるのです。

ロックのライブが開かれる施設やダンスするための広場等に設けられた特別仕様の大型スピーカーの近くで、やかましい音を浴び続けたために難聴や耳鳴りが急に起こることを「急性音響性障害」と言うのです。

まだメタボリックシンドロームであるとは診断されていなかったとしても、内臓脂肪が付く性質の悪い体重過多になる事によって、様々な生活習慣病を招く割合が高くなることが通例です。

インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学の世界では股部白癬(こぶはくせん)という病名で、かびと同種の白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、尻等の部位に感染し、定着した感染症の事であり、俗に言う水虫です。

 

脚気の症状

食べ物の改善が必須の脚気の症状としては、特に手足が痺れるような感覚があったり、脚の著しい浮腫などが典型例で、症状がひどくなると、重症の場合心臓の収縮力が低下し心不全などを誘発する恐れがあるそうです。

2005年(H17)年より、新たに全ての特定保健用食品にはマークと共に、「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった言葉を表示することが義務化された。

高齢化に伴う難聴というのは、段々聴力が落ちていきますが、普通は50代までは耳の老化を確実には認識できないと言われます。

老人や慢性疾患を患っている人は、殊に肺炎を発症しやすく、完治までに時間がかかる特徴があるため、予防する意識や早めの処置が要求されます。

お酒に含まれているアルコールを無毒化する特徴があるナイアシンは、嫌な二日酔いに効きます。頭痛などの二日酔いの誘引物質であるアセトアルデヒドという有害物質の分解にも効き目があるのです。