セロトニンの濃度が低く

クシャミ、鼻みず、目のかゆみ、喉がイガイガするような感じなどの花粉症の不快な症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛ぶ量に比例するかのように症状が重くなってしまう特徴があるということです。

うつ病は、脳の中にある精神をリラックスさせる神経伝達物質であるセロトニンの濃度が低くなり、憂うつ、入眠できずに不眠、極度な倦怠感、疲労感、食欲の低下や胃の痛み、集中力・意欲の低下、自殺を試みる自殺企図等の苦しい症状が現れるのです。

ロックのライブが開かれる施設やダンスするための広場等に設けられた特別仕様の大型スピーカーの近くで、やかましい音を浴び続けたために難聴や耳鳴りが急に起こることを「急性音響性障害」と言うのです。

まだメタボリックシンドロームであるとは診断されていなかったとしても、内臓脂肪が付く性質の悪い体重過多になる事によって、様々な生活習慣病を招く割合が高くなることが通例です。

インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学の世界では股部白癬(こぶはくせん)という病名で、かびと同種の白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、尻等の部位に感染し、定着した感染症の事であり、俗に言う水虫です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>