脂漏性皮膚炎という皮膚病

脂漏性皮膚炎という皮膚病は、皮脂腺が多く皮脂の分泌の多い頭皮や顔に出現する湿疹で、分泌がおかしくなる原因としては、アンドロゲンと女性ホルモンのバランスが崩れたりリボフラビンなどビタミンB複合体の枯渇などが挙げられます。

脳内にある5-HT神経は、自律神経のバランスの調整や痛みの防御、様々な分泌物質の覚醒等を調整していて、単極性気分障害(大うつ病)を発症している人は、この能力が鈍くなってることが科学的に証明されています。

耳の内部の構造は、総じて「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に区別されますが、中耳あたりに肺炎球菌やインフルエンザ菌などが付着し、炎症が発生したり、膿が滲出液となって残る病を中耳炎と言うのです。

虚血性心疾患のうちの一つの心筋梗塞というのは、冠動脈の動脈硬化が進み血液の通り道である血管の内腔が狭まって、血液の流れが途切れ、必要な酸素や栄養が心筋に与えられず、心内膜側の心筋が機能しなくなる危険な病気です。

真正細菌の感染によって炎症を起こす急性中耳炎とは、誠に患者数の多い中耳炎のことで、乳幼児によく発症します。耳痛、難聴、耳閉感や38度以上の熱、鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(耳だれ)等の多様な症状がみられます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>