エイズというのは、ヒト免疫不全ウイルスの感染

あなたも知っているエイズというのは、ヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染が理由となって起こるウイルス感染症の病名であって、免疫不全を引き起こし些細な真菌などが原因の日和見感染や、癌等をもたらす病状のことを称しています。

メタボであるとは診断されていなかったとしても、内臓脂肪がたまる型の悪い肥満症になる事によって、様々な生活習慣病を招きやすくなることが通例です。

突然死の原因にもなる心筋梗塞とは、冠動脈の動脈硬化によって血管の中が細くなって、血流が途切れ、栄養や酸素の供給不足で、筋繊維自体が壊死する危険な病気です。

いま話題になっているポリフェノールの作用は、ビタミンEやビタミンC等とは異なって、細胞間の脂溶性部分、水溶性部分、並びに細胞膜においても酸化しにくくする働きに優れています。

脳内のセロトニン神経は、自律神経のバランスの調整や痛みを鎮静化させ、様々な分泌物質の覚醒等を操っており、単極性気分障害の患者は、この影響力が落ちていることが公表されています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>