クラミジアの感染率は50%!?

クラミジアのたった一度のセックスが原因の感染率50%と耳にして、ビックリしますでしょうか? すなわち2回セックスしてしまうと、確率から言えば完全に感染することになるのですね。それこそが、クラミジアというわけです。これはショッキングな感染率だと言えます。 セックス経験豊富な人やセックスパートナーがたくさんいる人、加えて若い人、未婚者……にクラミジアの感染が目立つことは簡単に推測されます。

感染は男性のであれば尿道。女性のなら子呂頸管の間で発生します。原則的には粘膜の接触で起こる感染ということです。粘膜は性器だけとは限りません。囗の中もしかり。直腸、肛門も該当します。要するに、そういった部位であっても感染するということを意味していると言えます。オーラルセックスで喉や目に感染をしたり、下手をすると直腸に感染することも見受けられます。 「性器同士が触れあわなければ、感染しないに違いないと考えていた」という若い男のクラミジア患者もいらっしゃいます。その患者さんは尿道炎を発症させていて、チェックするとクラミジアだったのです。

「性交しないでいたはずなのに、どういうわけで感染するのでしょうか?」と身に覚えがない様子。何とも話を尋ねてみれば「フェラチオ」をしてもらったようでした。言うに及ばずコンドームなど着けなかったというわけです。 「その女性の口粘膜のなかにクラミジアが感染していたのかも知れません。

もしくは、する直前にサービスした男性のクラミジアが女性の囗の中に残っていたののではないか」 こんな風に返事をしたら、「ええ、ホントですかっ!」と言って、その男子は、ひっくり返っていたわけです。 クラミジアの感染はHIVなどと比較しても断然に強いといえます。簡単に感染していきます。保菌者とセックスしてしまうとアウトだと考えてもいいくらいなのです。感染率50%という意味は、それほどハイリスクの感染度合いになります。

こんなクラミジアの症状が出ていたらすぐに検査をした方がいいです。もちろん、無症状の場合も多いので、心配な行為があった場合も検査を受ける方がいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>